福井大学留学生同窓会 中国各支部から医療用マスクをご寄附いただきました

ホーム > 推荐一个德州app >  福井大学留学生同窓会 中国各支部から医療用マスクをご寄附いただきました

福井大学留学生同窓会中国各地の支部から、日本製の医療用マスク2,100枚が本学医学部附属病院に寄附されました。今年4月にも600枚のマスクの寄附を同各地支部からいただいています。

浙江省にある紹興市人民病院の孫愛静医師を発起人に、本学の卒業生?修了生や本学にゆかりのある同窓会中国支部の方に向けて「コロナ禍で大変な母校を助けよう」と呼びかけられ、多くの善意が寄せられました。発起人の孫医師は、2003年に福井医科大学(現福井大学医学部)で医学博士を取得しており、現在は本学留学生同窓会の浙江支部長を務めています。
今回、同支部は寄せられた義援金で日本国内にいる知人を通じて、入手が困難な医療用マスクを手配、寄附していただきました。
7月2日に同支部の代理で、上田孝典学長から、医学部附属病院物流管理部長 森岡浩一医師に手渡しました。

マスクを受け取った森岡医師は、「病院スタッフは医療用マスクが不足する中、推荐一个德州appに感染するかもしれないという不安を抱えながら勤務しています。スタッフも安心して勤務に入れると思います。ありがとうございます」と謝辞を述べました。
上田学長は、「二度にわたり貴重なマスクをいただき誠に感謝します。日ごろからの日中友好の形を示していただき、ありがとうございます」と感謝の意を表しました。

本学ではコロナ禍の状況においても、両国の友好の絆を感じるとともに、さらなる交流を深めて行きたいと考えています。

DSC_3839DSC_3848

│ 2020年7月8日 │
ページの先頭に戻る
前のページに戻る