本学 医学部救急医学の木村哲也准教授が令和2年度SCOPE研究開発奨励賞を受賞

ホーム > 推荐一个德州app >  本学 医学部救急医学の木村哲也准教授が令和2年度SCOPE研究開発奨励賞を受賞

総務省の情報通信技術(ICT)分野で新規性に富む研究開発課題を委託する事業であるSCOPEにおいて本学医学部の木村哲也准教授が研究開発奨励賞を受賞しました。12月17日、松岡キャンパスで伝達式が行われ、総務省北陸総合通信局の三田一博局長から楯と記念品が授与されました。

木村准教授らは、県境を越えて広域連携を可能にした「クラウド型救急医療システム」を開発しました。このシステムは、救急車と複数の救急病院がインターネット上で心電図等の情報を共有し、一次搬送先で対応できない転院搬送を回避して、貴重な救急隊や病院などの救急医療資源を地域間でシェアリングすることが出来ます。現在は県境を超え福井県、石川県、及び京都府の40救急隊、20病院にて稼働しています。

受賞した木村准教授は「クラウドシステムを使って患者に症状などを報告してもらえば、接触せずに推荐一个德州appの診療にも活用できます。今後は共用する情報を増やし、オンライン診療にもつなげていきたい」と話しました。

受賞した木村准教授(写真中央)

受賞した木村准教授(写真中央)

SCOPE※:(Strategic Information and Communications R&D Promotion Programme)
総務省が、未来社会における新たな価値創造、若手ICT研究者の育成、中小企業の斬新な技術の発掘、ICTの利活用による地域の活性化、国際標準獲得等の推進に向け、情報通信技術(ICT)分野において新規性に富む研究開発課題を研究機関等から広く公募し、研究開発を委託する事業。

本研究に関する研究者情報はこちら
木村哲也准教授 http://t-profile.ad.u-fukui.ac.jp/profile/ja.be56727ffc26cf87520e17560c007669.html

│ 2020年12月24日 │
ページの先頭に戻る
前のページに戻る