分子スケールの能動的な水輸送機構の提案 -水の豊かな地球環境の実現に向けて-

ホーム > 推荐一个德州app >  分子スケールの能動的な水輸送機構の提案 -水の豊かな地球環境の実現に向けて-

慶應義塾大学理工学部の荒井規允准教授、福井大学工学部の古石貴裕准教授および理化学研究所開拓研究本部戎崎計算宇宙物理研究室の戎崎俊一主任研究員の研究グループは、コンピュータシミュレーションによって、水の輸送を行う分子スケールのポンプシステムが可能なことを示しました。

本研究成果は 2021年2月3日(現地時間)にアメリカ化学会誌「ACS Nano」にて公開されました。

プレスリリース全文はこちら

│ 2021年2月17日 │
ページの先頭に戻る
前のページに戻る